小林 径 Kei Kobayashi :
クラブ黎明期から活躍する東京を代表するSelectorの一人。90年代は初期レアグルーヴのオリジネーターとして活躍。 また、アルバム『routine』がドイツ99recordより世界発売、世界中で絶賛される。2000年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが記録的なセールス。 またGiles PeatersonのWORLDWIDEで特集も組まれるなど、高い評価を受ける。さらに近年は大幅にイメージをチェンジ、LEFT FIELDをキーワードに、実験性に富んだ表現スタイルを追求。2016年にリリースした近年の集大成とも言うべきCD「Whole lotta shakin go in on」は「2016年のペットサウンズ」と言われるほど各方面から評判が高く。その新境地は早くも音楽マニアの間で絶賛されている。